[画像]体操協会からのパワハラを訴えた宮川選手の会見

 体操女子の宮川紗江選手に速見佑斗コーチが暴力行為を行い、パワハラしていたとされる問題で、宮川選手は29日、都内で記者会見を開いた。

 速見コーチの指導については、暴力を受けたことは事実としながら、「厳しさの中にも人の何倍もの楽しさや優しさがあった」と述べ、無期限の登録抹消という速見コーチの処分は「重すぎる」と訴えた。東京五輪に向けては「コーチと一から出直すつもりで再スタートを切りたい。必ず復帰したいと思っている」と、速見コーチとともに金メダルを目指したいと語った。

 さらに体操協会に対して、「暴力の件を使って私とコーチを引き離そうとしている」と不信感を表明。協会側から「このままでは五輪に出られなくなる」との電話があったり、ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用制限がかけられたりしたことなどを挙げ、「体操協会にはこれらのパワハラの事実を素直に認めていただきたい」と訴えた。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【全編動画】体操女子の宮川選手会見「私とコーチを引き離そうとしている」」に対応しております。

     ◇     ◇

朝日新聞:朝日新聞の潮といいます。少し整理して、協会に求めていることは具体的に体制を変えてほしいとか、それから処分が重過ぎるだったりと聞きましたけども、協会に訴えられること、求めてることっていうのは、ちょっと簡潔に、幾つかあるんであれば教えてほしいんですけど。

宮川:まず、私の望んでいる、速見コーチと一緒に練習できるようにしてほしいというのと、あとは権力に支配される体操協会ではなく、選手1人1人がやっぱり純粋に強くなれる環境にしてほしいという、簡単に言うとこの2点です。

朝日新聞:今日、協会側がわれわれに流してきて把握してるんですけど、速見コーチと宮川さんが一緒に練習をするのは、それはそれで問題はありませんというふうな項目があるんですけども、それについてはどんなふうに今、お感じになってますか。

宮川:そういうふうに言ってくれているのは少し希望が見えたかなという感じがするんですが、やっぱり無期限という処分がある以上、試合に付くことはできないですし、

【画像】体操女子・宮川選手18歳衝撃告発で見えてきた不可解なコーチ暴力処分の陰謀