新曲『ジョー☆デッキ!!!』を披露した「はやぶさ」と芋洗坂係長

 新世代歌謡グループ「はやぶさ」が30日、通算10作目のニューシングル『ジョー☆デッキ!!!』の発売記念イベントを都内で行った。

 テレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズ!」のオープニングテーマにも起用されている同曲は、ヒャダインこと前山田健一氏が作詞、作曲、編曲を担当している。

 ステージに登場したヒカルとヤマトの2人は、テレビサイズによる同曲を披露。

 ヤマトは、「10作品目になりましたが、また今回も素晴らしい作品を頂けてますます頑張らせて頂きたいなと思っております。『デュエル・マスターズ』は、子供の時からずっと遊んでいました。そのアニメのオープニングテーマを(今作で通算)3作も担当させて頂けるというのは、夢のような出来事です。キャンペーンやコンサートに親子3世代で来てくださる方もいらっしゃいまして、ちょっとずつ小さいお子さまにも『はやぶさ』というグループ名を認知して頂いているのかなと感じています」と感謝。

 ヒカルは、「この『「ジョー☆デッキ!!!」という歌を頂いてからさまざまなショッピングセンターなどでキャンペーンをやらせて頂いていますが、子供たちもたくさんステージ回りに集まってきて、この曲を目を輝かせながら歌ったり踊ったりしてくれていて、アニメ『デュエル・マスターズ!』の人気のすごさをひしひしと実感しています。この曲で、もっともっと『はやぶさ』が前進できるように頑張って歌っていきたいです』と意気込んだ。

 その後、同曲やカップリング曲の『ゆけ!はやぶさレンジャー』、『もう行かなくちゃ』、『恋のすみだ川』などを熱唱した。
 最後に、新曲をフルコーラス歌っていると、そこにプロモーションビデオで共演した芋洗坂係長もサプライズで登場。
 ヒカルとヤマトはサプライズに驚きながらも息もぴったりにダンスを披露しつつ、同曲を歌い上げた。

 芋洗坂係長は同曲の振付について、「一緒に踊りたくなるような踊りなので、たぶんお子さんたちもすごく楽しんでくださると思います」。

 ヒカルは、「どんな世代の方にも元気が出る、希望が持てる、誰もが共感できる素晴らしい詞なので、ちょっとテンポが速い曲ですが、ご年配の方にも聴いて楽しく元気な気持ちになって頂きたいと思っています。幅広い世代の方に聴いて頂きたいですね」と話した。