イメージ写真:アフロ

 「つみたてNISA」がスタートして、若い世代への長期投資が少しずつ定着しはじめています。早めに資産形成を行うことはたいへんすばらしいことですが、50代や60代はもちろん、70代からでも遅くはありません。「つみたてNISA」は投資に不慣れな人こそ、スタートを切るにはふさわしい投資手段なのです。

【連載】金融業界に喝! 中野晴啓と考える、お金と明るい未来

高齢者をターゲットに手数料稼ぐ既存金融業界に、新興運用会社は時間を味方にノーロードで対抗

 既存の金融業界は投資信託など金融商品の販売業務において、まとまった資金を持つ高齢者層をターゲットとし、一度に効率よく販売手数料を獲得するためのモデルに注力しながらしのぎを削ってきました。

 そうした業界常識の中で、セゾン投信をはじめとした小さな新興運用会社が同じコンセプトで参入しても、競争上の優位性は見出すことはできません。そこでブルーオーシャンに成長の活路を求めたのです。

 ブルーオーシャンとは現役層、とりわけ40代以下の資産形成が必要な世代です。相対的に若年世代がなぜブルーオーシャンだったかと言えば、まとまった資金や金融資産の形成に至っていない人たちであり、既存の金融業界の顧客ターゲットの埒外だったからです。こうした業界常識に対するアンチテーゼとして、必然的に積立投資という投資行動への誘導が、同社をはじめ直販系運用会社の事業モデルのメインフレームになったと言えます。

 そして毎月積立投資の資金フローでビジネスを成立させていくためには、時間をかけた投資資産の累積によるストック拡大が事業目的となるため、短期的フロー収入を求めないノーロードの投資信託の提供へと行き着いたのです。

  10年前の投信残高上位ファンドを見てみると、ほとんどが毎月分配型商品です。言ってみれば投信販売=毎月分配型ファンドだったわけです。

 業界挙げて、シニア世代の年金を金利のほとんどつかない預貯金にかわる投資信託の活用に向かわせようとしました。このような業界全体で創り上げた営業コンセプトが浸透して、証券会社のみならず本業で業務純益を伸ばせない銀行までこぞって収益獲得のため、預金から毎月分配型ファンドへのシフト競争に傾注して行ったのです。

 要するにシニア世代の年金補完を目的とした毎月受取りニーズに偏ったまま誘導するのが投信販売のメインストリームだったとすれば長期資産形成も複利の効能も商品コンセプトには必要なく、つまるところ、既存金融機関が積立投資を顧みることは一切なかったのです。