[画像]会見する速見コーチ

 体操女子のリオデジャネイロ五輪代表、宮川紗江選手への暴力行為に端を発するパワハラ問題で、日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチが5日夕、都内で記者会見を開き、「宮川選手に対する度重なる暴力行為によって、宮川選手はもちろん、周りにいた選手、コーチに不快な思いと恐怖を与えてしまった」と述べ、謝罪した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】体操女子・宮川選手への暴力問題で速見コーチが記者会見」に対応しております。

     ◇     ◇

テレビ朝日:すいません、長くて。具体的に朝日生命の勧誘というのはあったのは事実なんでしょうか。

速見:宮川選手が中学校3年生のときに、一度、中学校3年生の秋ごろだったと、秋から冬ぐらいだと思うんですが、朝日生命のコーチの方から電話で連絡をいただいて、ちょっとそういう、コーチと宮川選手と一緒に来てくれないかっていう話をしたいので、一度お食事に行きませんかっていうお誘いを受けまして、もともとそのコーチの方も知り合いだったので、お食事、じゃあ行かせていただきますということで、お食事行かせていただいて、

【画像】体操・速見コーチが会見(全文4)宮川選手が望む形をできる限りかなえたい