[画像]会見する速見コーチ

 体操女子のリオデジャネイロ五輪代表、宮川紗江選手への暴力行為に端を発するパワハラ問題で、日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチが5日夕、都内で記者会見を開き、「宮川選手に対する度重なる暴力行為によって、宮川選手はもちろん、周りにいた選手、コーチに不快な思いと恐怖を与えてしまった」と述べ、謝罪した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】体操女子・宮川選手への暴力問題で速見コーチが記者会見」に対応しております。

     ◇     ◇

司会:それでは続いて、それでは女性の方いきましょうか。ではちょっとマイクをお持ちしますので少しお待ちください。そちらの黒のノースリーブ、中央のちょっと手を上げておいていただいてよろしいでしょうか。

TBSテレビ:TBSテレビ『ビビット』の上路と申します。よろしくお願いいたします。今回、協会といいますか、塚原本部長サイドとそして宮川選手がおっしゃっていること食い違いが幾つかあると思います。その中で、今【ツカモト 00:44:35】本部長側は一切引き抜きはしていないとおっしゃっていたことに対して、少なくとも3回引き抜きを受けたことがあるという発言がありましたけれども、そういうバックボーンを踏まえて、宮川選手の会見のあとに、まず光男副会長が宮川選手の発言は全部うそだと言っていて、そのあとプレスリリースで反省する部分もあると認めていて、さらにその後日、宮川選手に謝罪したいという、かなり意見が変わる流れで発表があったんですが、それをまずご覧になっていてどんなふうに思って、意見の変化というのを見てらっしゃいましたか。

速見:実際のところ、やっぱり人の心なので、やっぱりどういう発言をしても人の心は透けて見えないので、実際のところどういう思いでっていうのは分からないところはありますけども、次の日の全部うそだとかっていうところの発言は、宮川選手にとったらやっぱりちょっとショックだったことは間違いないとは思います。

TBSテレビ:そのあと謝罪文を出していますけれども、あれに関してはどう思われますか。

速見:正直なところ困惑してるというのが、たぶん正直なところだとは思いますね。

TBSテレビ:なぜ困惑しているというふうに。

【画像】体操・速見コーチが会見(全文5完)自分の意見が言えないとみんな感じている