[画像]経験する久保田スポークスパーソン

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、JAXA東京事務所で記者会見を開き、小惑星探査機「はやぶさ2」による計測で分かった小惑星「Ryugu」(リュウグウ)の重力などの数値や、地表に投下する探査ロボット「ミネルバ2」の投下手順などについて説明した。

 はやぶさ2は、9月11日、12日にリュウグウへのタッチダウン(着陸)リハーサルの1回目を、同20、21日には「ミネルバ2」の投下運用を予定している。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】「はやぶさ2」の現状と探査ロボの投下手順は? JAXAが会見」に対応しております。

     ◇     ◇

司会:それでは質疑応答に入ります。ご質問のある方はご所属とお名前をおっしゃってから誰宛ての質問かご指名ください。質問のある方、いらっしゃいますでしょうか。ではお願いします。

日刊工業新聞:日刊工業新聞の冨井と申します。池田さんにお聞きしたいんですけども、今回リュウグウの質量が4.5億トンというふうにデータってありますけど、これ、今回の発表で初めてなのかっていう点と、あと自由落下について、これはできる限り近づいて、6000メートルでしたっけ、近づいて、そこから噴射をやめて落下に任せるっていうか、重力の、引力に任せるって、そういう理解でいいんでしょうか。

池田:まず2つ目の質問についてはそのとおりで、重力に任せて自由落下運動をするという運用をやりました。1つ目については前回の記者説明会のときに一応、もうすでに発表している情報になります。

日刊工業新聞:分かりました。あと、すいません、じゃあ次、別で、MINERVAに関してちょっとお聞きしたいんですけれども、すごい単純な理由なんですが、飛び跳ねる理由っていうのはどういった理由なんでしょうか。

【画像】はやぶさ2のリュウグウ観測でJAXA会見(全文4完)ミネルバ、表面から写真を