動画をもっと見る

 6日未明に北海道で震度6強を観測した地震で、気象庁は6日午後3時半から、この地震に関して3回目となる記者会見を行う。未入電となっている震度データの確認状況に関して説明する。

【会見動画】北海道で震度6強 気象庁が現在の地震活動について会見

[画像]厚真町鹿沼では「震度7」が観測された(気象庁資料より)

 この地震をめぐっては、発生2時間後の6日午前5時10分と午前10時半に記者会見を開き、震度5以上と考えられる17観測点で震度データが入電していないことを明らかにしていた。

 気象庁の発表によると、今回の地震は6日午前3時08分頃、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源に発生。震源の深さは37キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.7(それぞれ暫定値)となっている。

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。