アマゾンがQRコードを使ったキャッシュレス決済の分野に進出しました。8月29日から一部の店舗で導入が始まっています。QRコードを使った決済サービスは各社が乗り出していますが、アマゾンの参入でさらに競争が激化することになりそうです。

写真:アフロ

 アマゾンのQRコード決済は、アマゾンのショッピング・アプリに機能を追加するという形で提供されますから、すでにアマゾンのアプリを使っている人はそのまま利用することが可能です。アプリのメニューの中からAmazon Payを選択するとスマホの画面上にQRコードが表示されるので、これを店舗のタブレット端末にかざして決済を行います。支払いはアマゾンに登録したクレジットカードで行われます。

 QRコードを使った決済は非常に簡便でコストがかからないことから、中国などでは爆発的に普及しています。日本は諸外国に比べて現金決済の比率が高いという特殊な市場環境ですが、QRコード決済であれば、屋台などでも決済が可能となるため、電子決済の割合が高まると予想されています。

 ただQRコードはかざして読み取るだけでよいので、不正利用の可能性が高いとの指摘があります。表示されたQRコードを誰かがコピーすれば他人でも決済が出来てしまう可能性があります。

 アマゾンではこうした事態を防ぐため、表示するQRコードは30秒ごとに更新する仕組みを採用しました。仮にQRコードを誰かに見られても、すぐに無効になってしまいますから、不正利用される可能性は限りなく小さいといってよいでしょう。

 国内ではLINEや楽天、NTTドコモなどが電子決済のサービスを行っているほか、メルカリのように新規参入する事業者もあり、規格は乱立状態です。コンビニなど一定の資本力のある店舗では一通りの決済サービスに対応していますが、零細店舗はほとんど手つかずの状態ですから、中小零細店舗への導入は、各社のシェア争いにおけるひとつのカギとなりそうです。
 
(The Capital Tribune Japan)