動画をもっと見る

 日本財団と東京・渋谷区によるトークイベント『都市とスポーツとエンタテインメントの未来』が13日、都内であり、代々木公園にスポーツとエンターテインメントを軸にしたスタジアム構想についてパネルトークが開かれた。

[画像]「代々木公園スタジアム」構想について語る川淵氏(右)と中西氏

 この日のイベントでは冒頭、渋谷区の外郭団体である一般社団法人「渋谷未来デザイン」が、この「代々木公園スタジアム」構想を発表した。それによると、都立公園で54万平方メートルの敷地を誇る代々木公園の一角に、「スポーツ・エンターテインメントの聖地として、そして都市防災の拠点としてのスタジアムパークをつくる」という内容。3~4万人を収容するサッカーを中心としたプロスポーツのスタジアムで、音楽などのエンタメ興行や防災拠点にも活用するイメージだという。緑が多い代々木公園の特徴を活かし、自然と共生した施設で住民憩いの場を目指し、イベントなどの帰りには地域経済への貢献も期待できるとした。

 構想発表の後、プレゼンに立った日本トップリーグ連携機構会長でJリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏は「今回渋谷にサッカー場を造ろうという、それも民間からの動きが出たということを聞いて、本当に心から嬉しく思っている」と歓迎した。

 パネルトークには、川淵氏のほか、ディスクガレージの中西健夫会長、元サッカー日本代表の福西崇史選手らが参加し、議論を交わした。