9月2日に日本でのサービスを開始する世界最大の動画配信ネットワークNetflixは、日本のエンターテインメントにどのような新しい“風”を吹き込もうとしているのでしょうか。Netflixが日本のユーザーにどのような価値を提供しようとしているのか。そしてNetflixは、どのようなエンターテインメント体験を目指しているのか。Netflix日本法人副社長 執行役員である大崎貴之氏にお話を伺いました。

世界中のコンテンツを日本へ ボーダーレスなコンテンツ体験が生まれる

――まず、日本の市場についてどのように捉えているのか。そして、そこでNetflixはどのような強みを発揮していきたいかについてお聞かせください。

大崎氏:インターネットの普及とテクノロジーの発展などを背景にして、ネットで映像作品を楽しむ「インターネットTV」が普及する環境は、十分に整ってきているのではないかと思います。テレビや映画に並んで、インターネットTVが大きなエンターテインメントの楽しみ方の主流になっていくと確信しているのです。実際、若い世代の方々はYouTubeで動画コンテンツを楽しむことが当たり前になっていますが、同じようにネットでドラマや映画を楽しむことが当たり前になるのではないでしょうか。

そうした市場環境の変化に対して、Netflixがどのような価値を提供できるのか。そこで発揮される私たちの強みは、最高のテクノロジーに裏打ちされたサービスをグローバルで展開しているという点です。Netflixでは、世界中のコンテンツを世界中のユーザーが視聴できる環境が提供されます。日本でもサービスを開始しますが、これによって世界中のコンテンツがNetflixを通じて日本にやってくるのです。ブラジルの作品も、フランスの作品も、既に公開されている映画やドラマだけでなく、Netflixオリジナルの作品も視聴できるようになります。同時に、日本のコンテンツも世界中のユーザーに届けられるようになる。ボーダーレスなコンテンツ体験が楽しめる環境が生まれるのです。

――これまで日本で視聴できなかった地域の作品やオリジナルコンテンツなど、ユーザーが忙しい自分の時間を割いてでも“観たい”と思えるコンテンツがあるかどうかは、ユーザーにとって大きなポイントになりますね。

大崎氏:日本にはコンテンツに対して欧米にはない非常に独特の文化があり、また様々なジャンルの楽しさに囲まれて日本の消費者の感性は非常に洗練されているのではないかと思います。日本のユーザーはトレンドや小手先の安直さに流されず自分自身でコンテンツの本質的な“良い、悪い”を判断できる高いリテラシーをもっていると思っていますので、日本で多くの皆様から“これは良い!”と評価されたときのシナジーは計り知れないものがあります。こうしたシナジーをNetflixの様々な作品を通じて生み出していきたいですね。Netflixが消費者に受け入れられるためには、まずコンテンツが面白いことがマストであると考えています。

――小手先ではなく、視聴者を満足させることができるコンテンツ作りに本気で取り組む必要があるということであり、Netflixがチャレンジしたい方向性であるということですね。

大崎氏:その通りです。私は、エンターテインメントは人の人生を豊かにするものだと信じています。だからこそ、多くの人にもっとエンターテインメントに触れて欲しいし、多くの勇気や笑いや感動を受け取って欲しい。Netflixが提供する良質なコンテンツを通じて、日本のエンターテインメントをどんどん活性化していきたいですね。

クリエイターの創造力を信じ、自由なコンテンツ製作環境を提供する

――既にサービスを提供している海外では、オリジナルコンテンツの製作に対して強いこだわりを持ち、多くの作品がユーザーから高い評価を受けています。Netflixにおけるコンテンツ作りは従来のテレビや映画の製作とどういった点が違うのでしょうか。

大崎氏:私たちがオリジナルコンテンツの製作にこだわっている理由は、世界中にある様々な素晴らしいストーリーを作品化して多くのユーザーに届けることで、私たちのミッションである“世界中のコンテンツと世界中の人々を繋げる”ことを実現できると考えているからです。

Netflixにおけるコンテンツ製作の大きなポイントは、“クリエイティブ・フリーダム”という精神であるということが言えます。つまり、私たちはクリエイターの創造力を信じて、製作にあれこれと注文をつけたりすることなくクリエイターの裁量に任せて自由な創作活動をしてもらうことで、クリエイターのモチベーションが高まり、クリエイティブ・マインドが最大限発揮された良質な作品が生み出されると考えています。クリエイターが自分のビジョンを現実にできるNetflixというクリエイティブ・フィールドだからこそ、世界中でクリエイターのモチベーションを高める大きな原動力になっているのだと思います。アメリカではこうした創作活動から人気作品を生み出したクリエイターと中長期的な協業が生まれており、そうした動きは日本でも起きるのではないでしょうか。

――これは日本のクリエイターにとっても大きなチャンスですよね。予算や放送コード、放送枠の制約や様々な関係者から寄せられる注文などの中でコンテンツ製作をしてきたクリエイターにとって、Netflixはこれまでの“リミッター”を解放するきっかけになるのではないかと思います。

大崎氏:そうですね。例えばニッチな作品だと日本だけで展開した場合、ターゲットとなる視聴者は少ないかもしれませんが、Netflixを通じて世界中の視聴者に届ければ、世界各国で作品の世界感に共感してくれるユーザーは多いと思いますし、結果的に大きな視聴者規模を生み出します。こうしたことが、クリエイターが“万人受け”する作品に妥協するのではなく、趣味嗜好性を絞り込んだ独自の世界感にこだわって制作でき、それに共感したユーザーが大きなパワーを生み出すようなコンテンツ製作に取り組むことを可能にすると考えています。

私自身、日本の文化=日本のコンテンツが大好きなのですが、世界ではまだまだ日本の作品が楽しまれていないのではないかと思うのです。Netflixの日本展開によって、世界中のコンテンツを日本にお届けするだけでなく、日本の素晴らしいコンテンツをどんどん世界に届けていきたい。世界も日本のコンテンツに大きな期待を抱き、日本から素晴らしいコンテンツがNetflixを通じて配信されるのを待っているのではないかと思います。

――日本独自の取り組みなどはありますか。また、テレビ局や映像制作会社など、既存の映像コンテンツ業界とはどのような形で協業していくのでしょうか。

大崎氏:日本ならではの展開としては、コンテンツパートナーとしっかりと協業して、クリエイターのビジョンを叶えていながらも素晴らしいストーリーを持った作品をどんどん生み出していきたいですね。プロダクト面でも、日本のテレビメーカーさんなどと協業して立体的なパートナーシップを組んでいきます。もちろん、テレビ局さんや映像制作会社さんは、これまで培ってきた歴史や伝統、豊富な知見をお持ちなので、丁寧に話し合いをしていきながら協業の機会を生み出していきたいと思います。

日本のエンターテインメントに根差したサービスを目指し、進化を続けていく

――最後に、Netflixが目指す世界とは何か。日本のエンターテインメントをどのように変革させていきたいか。日本でのサービス開始に向けた抱負をお聞かせください。

大崎氏:私たちはこのNetflixを日本のエンターテインメントに根差したサービスにしていくという強い覚悟を持って、9月にサービスを開始します。グローバルなサービスの強みである、プロダクトの開発やコンテンツを世界規模で生み出していくことができる一方で、その地域に根差してユーザーニーズにきめ細かく対応した展開を考えていくことも非常に重要であると考えているのです。

まずは、シンプルで、使いやすく、圧倒的な高画質で、世界中の面白い作品が溢れている、Netflixが提供する新しいエンターテインメントの楽しみ方を多くの方に体験していただきたいですね。私たちは、他のサービスに対して細かいところに差別化を図り、最高のテクノロジーを活用して最高のユーザー体験を届けられると自負しています。しかし、それでもまだ私たちが考えている理想のサービスに辿り着いているとは考えておらず、これからサービスをどんどん進化させていきたいと考えています。

© Netflix. All Rights Reserved.