本格的なメイクを施した人から着ぐるみの人まで約2,500人がパレードに参加

 今年で20周年を迎える「カワサキハロウィン」の仮装パレードが10月30日、川崎駅東口周辺一帯で開催。全国から集まった約2,500人が封鎖された約1.5キロのコースを練り歩いた。

映画やアニメのキャラクターに扮する人が多い中、こんな人も

 シネマコンプレックス「チネチッタ」の10周年記念イベントとして1997年に始まった同イベントは、近年では国内最大規模となる約10万人の集客数を誇る。前日にはキッズパレードが行われ、今年から車椅子での参加も可能になった。

たくさんいたジャック・スパロウの中でも一番似ていた

 29日からのカワサキハロウィン期間中は、特殊メイク体験やプロジェクション・マッピング・ライブ・ショー、ホラー映画特集上映など、チッタ全体で街を盛り上げる。

川崎市役所第三庁舎入り口には20周年を記念してアーチ形のカボチャバルーンも

 31日は「ゾンビパラダイス」と題し、ゾンビが運営するゾンビバーやゾンビメイクブースを設置するほか、仮想すると周辺飲食店で特典が受けられるゾンビラリーも実施する。

(齊藤真菜)