動画をもっと見る

 「年末ジャンボ宝くじ」の発売が21日、全国一斉に始まった。1等・前後賞合わせて史上最高の7億円が当たるとあって、近畿地方でも大阪市北区梅田の大阪駅前第4ビルの特設売り場などで、朝から大勢の人が列をなすなどし販売が始まっている。販売期間は12月19日までで、大みそかに抽選が行われる。

【動画】夢を求めて、大阪駅前第4ビル前は昼休みも行列する様子

「よく当たる」売り場。朝も行列、昼休みも行列

7億円の夢を求め昼休みも行列ができていた=21日午後12時50分ごろ、大阪市北区で

 今年は1等(賞金・5億円)が49本発売。また、1等(賞金・7000万円)の「年末ジャンボミニ7000万」も同時に発売されるとあって、朝早くから並ぶ人。また、昼休みも折り返しができるほどの行列ができていた。

 近所で勤務していて昼休みに買いに来たという40代の女性は「CMをみて早く買わなと思ってきた。全国でもよく当たるところやからと毎年期待して買ってます。そろそろ成果出てもええころかな? 当たったら好きに使う」などと話していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします