動画をもっと見る

 26、27両日夜に一部点灯していなかった大阪のシンボル「通天閣」(大阪市浪速区)の名物「光の天気予報ネオン」が28日夜に復旧。関係者らはネオンの点灯とともに安堵の表情を浮かべた。

【動画】通天閣「光の天気予報」が復旧。遠くから近くから輝きを放つネオンを撮った

市民からの情報で復旧作業へ

[写真]復旧直後の「光の天気予報ネオン」を目の前で撮影。あす29日の天気は「雨のち曇り」だ=28日夜、大阪市浪速区で(通天閣提供)

 通天閣の高井隆光副社長によると、原因は経年劣化によりヒューズがとんだことだったという。26日夜から消えていたが、これを見ていた市民からの情報で2段構造になっている同ネオンの上部・北側、下部南側の未点灯が判明。ネオンの管理会社が対応し復旧に至ったという。

 今回の復旧に通天閣の関係者は安堵の表情を浮かべ「市民の皆様がしっかり見ていてくださって。愛していただいていることを感じて本当に感謝です」などと話していた。

「光の天気予報」ネオンは1979年開始

[写真]光の天気予報の一部が未点灯だった=27日夜、大阪市浪速区の通天閣で

 通天閣「光の天気予報」ネオンは1979年開始。日本気象協会関西支社(大阪市中央区)の職員が専用端末回線を使って操作し点灯させる。晴れは「白色」、曇りは「オレンジ色」、雨は「青色」雪の時は「ピンク色」に点灯。晴れ時々曇りなどの場合は、上半分が白色、下半分がオレンジ色に点灯する。

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします