動画をもっと見る

 阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と都市の復興・再生への願いを込めた「神戸ルミナリエ」が4日、神戸市中央区の旧外国人居留地、東遊園旧外国人居留地付近で始まった。今年で20回目ということで、平日にもかかわらず大勢の人たちが訪れ、ぬくもりのある輝きを放っている。

【動画】20回目の「神戸ルミナリエ」。点灯の瞬間に大歓声があがった

今年のテーマは「神戸 夢と光」

[写真]大勢の人が見守る中、点灯した=4日午後6時ごろ、神戸市中央区で

 「神戸ルミナリエ」は、同震災が発生した1995年の12月に初開催。以来、震災犠牲者の鎮魂の意を込め、都市復興・再生への夢と希望を託し毎年行われている。

 今年は「神戸 夢と光」をテーマに開催され、初日となった4日夜も、雨上がりの寒さの中、大勢の人が詰めかけていた。大阪府から来たという女性は「お月さんが出てきたからよかった。なんてきれいなんやろうね。もう震災から20年やねんね」と話しながら、温かい光をじっと眺めていた。

動画をもっと見る

開催期間は15日まで

[写真]ルミナリエの点灯に感動しながらシャッターを切る人たち=4日午後6時10分ごろ、神戸市中央区で

 開催期間は15日まで。期間中の点灯時間は月~木曜は午後6時から同9時半。金曜日は同6時から同10時まで。土曜日は午後5時から同10時。日曜日は同5時から同9時半までとなっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします