動画をもっと見る

 20日の大阪市内は朝から雨に見舞われるあいにくの天気となったが、夕方には寒さが残るものの雨はあがった。そんな中、大阪市北区の大阪市役所や同市中央公会堂周辺ではイルミネーションイベント「OSAKA光のルネサンス」が開かれており、きらびやかな光が、ぬれた路面に反射して輝きを増していた。

【動画】リズムに合わせ輝くイルミと中央公会堂3Dマッピングの様子

躍動感あふれる中央公会堂の3Dマッピング

[写真]雨上がりの大阪市中央公会堂付近。ぬれた路面でさらにイルミの輝きが増す=20日午後7時半ごろ、大阪市北区で

 同市公会堂では、3Dマッピング「Les Anookia Osaka!~アヌキが大阪にやってきた!~」が開催されている。どんな建物でも遊び場にしてしまうキャラクター・アヌキが壁をはがしたり滝のような水が流れたり、かわいい声と愛らしいアヌキの躍動感あふれる動きに、見物人らが足を止めて眺める。

 また、同公会堂前のケヤキ並木を、シャンパングラスのような形の光で装飾した「フランスアベニュー」も温かい輝きを放ち、その光がぬれた路面に反射してさらに輝きを増している。

 

音楽のリズムに合わせ輝くイルミ

[写真]ケヤキ並木を、シャンパングラスのような形の光で装飾した「フランスアベニュー」=20日午後7時半ごろ、大阪市北区で

 また、同市役所隣に設置された「中之島イルミネーションストリート」は、音楽のリズムに合わせて光が点滅するなどの演出が施され、道行く人らからは歓声もあがる。

 その様子をじっと眺めていた女性は「ただ単にずっと光ってるだけやなくて、リズムに合わせてるところがええよね。山下達郎の『クリスマスイブ』に合わせてるのが一番好き」などと話していた。

 「OSAKA光のルネサンス2014」は25日まで。時間は午後5時から同10時まで。また「アヌキが大阪にやってきた」も同日までで、時間は午後5時から同9時まで。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします