[図]JR嵯峨野線京都・丹波口間新駅設置事業位置図(IR西日本提供)

 JR西日本と京都市は2日、京都府京都市のJR嵯峨野線、京都・丹波口両駅間の「新駅設置事業」基本合意書を締結した。新駅は2016年春に開業予定の「京都鉄道博物館」の近くに設置され、2019年春の開業を目指す。

[図]JR嵯峨野線京都・丹波口間新駅設置事業位置の拡大図(JR西日本提供)

七条通とJR嵯峨野線が交差付近に設置、事業費49億円

 同社によると、新駅の設置位置は同市下京区観喜寺町の七条通と同線が交差する丹波口・京都両駅の間で、京都駅からは1.7キロ、丹波口駅からは0.8キロの地点となる。近くには開業予定の鉄道博物館のほか、梅小路公園もある。

 新駅の概算事業費は約49億円で、高架下駅舎、相対式ホーム2面。エレベーター2基とエスカレーター4基が設置される予定となっている。