動画をもっと見る

 長い間ありがとう──。長年使ってきた針をコンニャクなどに刺し、これまでの感謝をする「針供養」が8日、各地で行われた。大阪市天王寺区の「太平寺」でも多くの人が、針などを持ち寄り、感謝の気持ちをこめて手を合わせていた。

【拡大写真入りの記事】硬いものを通してきた針。感謝の気持ちを込め柔らかいコンニャクに針を刺し供養する

長年使ってきた針、感謝の気持ち込めて刺す

[写真]マッチやおかしの箱につめてきた針をコンニャクに刺し供養する人たち=8日午後2時半ごろ、大阪市天王寺区で

 針供養は折れ曲がったり、また使い古された針をコンニャクや豆腐などに刺し供養。裁縫の上達を祈るもの。針はこれまで、布など様々なものを通し続けているとあって、柔らかいものにさし、これまでの感謝を祈るという。

 同寺は「十三まいり」で知られるが、この日は針供養のほか、「筆」や「茶せん」の供養も合わせて行われ、多くの人がこれまで使ってきた針などを持ち寄った。

 たくさんの針を持ってきた女性(87)は「くすだまにさしてあったが、使ってくれる方が亡くなって危ないんで、感謝の気持ちをこめて供養してもらいました」と言いながら、用意されたコンニャクに針を一つひとつ刺していた。

若い人にもお裁縫やってほし

[写真]柔らかいコンニャクに刺し、これまでの感謝の気持ちを込め手を合わす

 また別の女性は「長いこと使ってきたから、ここで供養しようと思ってきた。いっぱいこれで服とかの布を通してきたわ。最近は裁縫する子も少ないかしれんけど、こういう伝統的な行事も知ってほしい。あと、物を大切にする心も、こういうのんみたらわかると思うんで、もっと知っといてくれたらうれしいね。あと、お裁縫もやったら楽しいと思うわ」などと笑顔で話していた。