[写真]第1部の「オールよしもとジャパンプレミア」の模様

 世界の超一流パフォーマーたちのエンターテインメント「THE舶来寄席2015 winter」が、大阪市中央区の「なんばグランド花月」で始まった。これは昨年5月の上演に続いて2回目。好評を博した前回から、キャストも新たに再び大阪に集結。驚きに満ちたステージは感動的で、まさに世界のスゴ技を体感できる。

新喜劇をベースにしたコメディショーも

[写真]「デュオ・パピヨン」は幻想的で華やか。コミカルなテントウムシと蝶の恋物語

 公演は豪華な2部構成となっている。第1部は「オールよしもとジャパンプレミア」と題し、新喜劇をベースにしたコメディショー。物語の舞台は「花月サーカス」で、団員役の芸人たちが騒動を巻き起こして大暴れ、観客を笑いの渦に包む。日替わりゲストも出演する。

 第2部「ワールドバラエティアクト」は、世界各国選りすぐりのパフォーマー7組の夢の競演だ。「THE舶来寄席への道〜よしもと諸芸フェスティバル〜」で優勝したAFRAも参戦。神技パフォーマーたちの息をのむステージは、なんばグランド花月限定プログラムだという。

 第2部、1組目の「レーザー・ファイターズ」(フランス)はイルミネーションを駆使してふたりの男の闘いを表現するもので、異次元空間を創り出し、最後まで目が離せない。各国の賞を総なめにしているという。
ヒューマンビートボックスの第一人者、AFRAが圧巻のステージを披露したあと、「タチアナ・クンディク」(ウクライナ)の一本のワイヤーを使った空中ショーへ。スリルと妖艶さに満ち、観客の心を奪った。

超絶パフォーマンスの数々

[写真]クロスボウ(洋弓銃)を使ったステージは、観客の度肝を抜く迫力

 犬との絶妙なコンビネーションで笑いを誘う「フランク・ザバタ」(フランス)、さらにギターの調べとともに演じるユーモラスな人形劇「ジョルディ・ベルトラン・カンパニー」(スペイン)は、超絶パフォーマンスと言っていいだろう。

 「ベン・ブラック」(アメリカ)のクロスボウ(洋弓銃)を用いた緊張感あふれる技は観客の度肝を抜く迫力で、場内から何度もどよめきが起こった。「デュオ・パピヨン」(ロシア)は幻想的なアクロバティックアクトだ。華やかでコミカルなテントウムシと蝶の恋物語を演じ、笑いと拍手が広がった。

 トリはマジック・パントマイムの「ザ・スタチューオブジェローム・ムラ」(フランス)。ひとつの胴体にふたつの頭を持つ真っ白な銅像が、不思議な世界へと誘う。パントマイムと巧妙な視覚トリックのパフォーマンスは、唯一無二の新しいエンターテインメントだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします