動画をもっと見る

 「あっ、マッサンや~っ」──。といってもこれは、大阪市阿倍野区の「あべのハルカス」下、天王寺駅前駅付近を歩いていた時に「阪堺電気軌道」の車両が通ったのをみて、通行人から発せられた言葉だ。

【別動画】阪堺電気軌道の車両が駅の近くですれ違い(少し下へスクロール)

「マッサン電車」を見て反応する人も

[写真]天王寺駅前駅。右側は少し空いているが、これは「あべの筋」拡幅されたためだ

動画をもっと見る

 阪堺電気軌道によると、これは現在放送されているNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の放映に合わせ走っているラッピング車両。日本で現役最古の車両である「モ161形車」に就役当時の塗装をし、車内には、住吉・帝塚山にゆかりのある出演者のコメントを掲出しているという。3月まで運行する予定となっている。

 天王寺駅前駅は、あべのハルカス・あべのキューズモールと、あべの筋の車道に挟まれた形の駅。日に約1万人以上の利用があるという。

あべのは変わっても、駅や車両は昔と変わらず

[写真]天王寺駅前駅の近くで車両がすれ違う

 近鉄百貨店があべのハルカスとなり、アーケードの下に店が並んでいた場所はキューズモールになるなど、同駅付近はここ数年で見違えるように変わった。しかし、この駅と車両は昔と変わらないまま。

 古い車両が走る姿をカメラにおさめていた同市内に住む60代の男性は「地下鉄が出来るまで、これに乗るのが当たり前やった。今でも古い車両をみると若いころを思い出す。ずっと私らの目の前を走ってほしいな」とシャッターを切りながら話していた。