[写真]駅の改札口付近や改札内コンコースに設置されている情報提供ディスプレイ(JR西日本提供)

 JR西日本は3日、大規模災害の発生時に利用客に確実な災害情報を伝えるため、駅構内に設置している「異常時情報提供ディスプレイ」でNHKの非常災害放送を放映すると発表した。3年程度かけ、近畿圏の主な70駅で実施していく予定。

4月から「高槻」「尼崎」両駅で運用開始

 この放映は、南海トラフ巨大地震などの大規模災害発生時に、早く確実な情報を利用客に伝え、発災後の行動に役立てるため、ディスプレイでNHK非常災害放送を決定。同社とNHK大阪放送局が覚書を締結した。

 同社によると、災害放送は、地震以外でも台風や大雨といった甚大な被害を及ぼす災害時にも実施されるため、各駅構内で状況をみて放映の判断をするという。そのため、全部の駅で一斉には放送されない。

 今後、3年程度かけて近畿圏の主な70駅で実施していく予定。また、JR京都線の高槻駅とJR神戸線の尼崎駅では、4月1日から運用が開始される。