動画をもっと見る

 大阪市天王寺区の「天王寺動物園」で9日、昨年生まれたホッキョクグマの赤ちゃんの放飼練習が行われ、母親の「バフィン」とともに初めて公開された。同動物園は9日は休園のため、あす10日から一般公開される。同園は今年1月1日で100周年を迎えており、新たな人気者の登場に来園者の楽しみも増えそうだ。

【動画】ホッキョクグマの赤ちゃん。初めての外に緊張? かわいいしぐさと外に出た瞬間など映像2つアリ

鳴き声をあげながらヨチヨチ歩き

[写真]初公開されたホッキョクグマの赤ちゃん。ヨチヨチ歩きだが母親を前に表情は笑顔?=9日午前11時10分ごろ、天王寺動物園で

動画をもっと見る

 同園によると、赤ちゃんが生まれたのは昨年11月25日。長年同園で愛されたゴーゴ(10歳)と母親のバフィン(23歳)の間に生まれ、性別はメスだという。現在の体長は70センチほどで、いつもバフィンに甘えているとか。

 9日は降りしきる雨の中での放育練習となったが、すぐに出てきたバフィンとは対照的に、赤ちゃんはなかなか出てこない。バフィンが「早く」とばかりに声を出すと、赤ちゃんは鳴き声をあげながらヨチヨチと出てきた。集まった報道陣に見つめられる中、次第に歩き回るようになっていった。

動物園職員「こんなかわいい動きは今だけ」

[写真]門が開き、初めての外を見てキョトンとした愛らしい表情を浮かべるホッキョクグマの赤ちゃん=9日午前11時ごろ、天王寺動物園で

 同園担当課長代理で獣医師の今西隆和さんは「かわいいでしょ」とにんまり笑顔。「ふだんはホッキョクグマ舎には水をはっていますが、そこには木々をたくさん置きました。水に落ちてもバフィンが助けるでしょうが、万が一を考え万全を期して公開します。また、10日から見に来ていただければ。こんなかわいい動きをするのは今だけですわ」と話していた。

100周年の天王寺動物園、新たな楽しみのひとつに

[写真]上ろうとすると、ママの呼び声でピタッと止まるホッキョクグマの赤ちゃん

 同動物園は今年の元日で100周年を迎えており、今年はメモリアルイヤーとして様々なイベントが予定されている。それに加え、このホッキョクグマの赤ちゃんの登場は、来園者にとっては、新たな楽しみのひとつとなりそうだ。

 同動物園の開園時間は午前9時半から午後5時まで。(入園は午後4時まで)。詳しい問い合わせは大阪市天王寺動物公園事務所(06・6771・8401)まで。