動画をもっと見る

 発車メロディの全駅曲目が決定した大阪環状線は22日午後、新たに15駅で発車メロディを導入した。それに先立ち、大阪駅の旧砂時計広場で「全駅メロディお披露目」イベントが開かれ、同線のキャンペーンなどで活躍した中条あやみらが登場。鉄道ファンや道行く人らも足を止め、新たな発車メロディの記念すべき導入の時を見守るなど、にぎやかな雰囲気に包まれた。

【別の動画】大阪環状線全駅に発車メロディ導入 ── aikoや大塚愛、円広志らのコメントを披露

「大阪環状線らしさ」をテーマに採用、お披露目へ

[写真]大阪環状線全駅に発車メロディが導入され、同線各駅長らが記念セレモニーで敬礼=22日午後3時ごろ、大阪市北区の大阪駅で

 このメロディ導入は、大阪環状線やその沿線のまちに愛着を感じてもらえるように「その駅(まち)らしさ」「大阪環状線らしさ」「大阪らしさ」をテーマに発車メロディを採用している。

 昨年5月には、大阪駅で「大阪を愛し大阪に愛された、やしきたかじんさんの代表曲」として「やっぱ好きやねん」を採用するなどしていた。

 同線では、2016から18年度にかけ、大阪市内を走る「大阪環状線」に新しい車両「323系」を投入し、国鉄時代に製造された103系・201系の通勤形電車をすべて置き換える予定。様々な面から新たに生まれ変わりそうだ。

和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」など

 今回導入された中で注目される発車メロディは、福島駅で円広志の「夢想花」・天満駅ではaikoの「花火」・天王寺駅では和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」など著名な曲を含め全15曲。これにより、同線全19駅で発車メロディを耳にすることができるようになった。

 同日のイベントでは多くの鉄道ファンや通行人らが立ち止まって発車メロディ発表の様子を見守るなど、祝福ムードに包まれた。人気DJの谷口キヨコが1駅ごとに選曲理由などを紹介。その理由やメロディを聞いて笑いが起きるなど、多くの人が集まりその様子を見守っていた。

 大阪府内の女性(46)は「大阪城公園の法螺貝とかは意外やった。私は『さくらんぼ』が良かったわ。思えへん? あと、ヨーデル食べ放題もおもしろかった」などと語った。また、大阪市内から来た男性(37)は「桃谷駅に河島英五さんのライブハウスがあって、その縁で曲として残るって、なんか亡くなってもあの人はかっこいいですよね。用事ないけど桃谷駅に行って聴いてみます」などと話していた。