JR大阪駅ビル内の百貨店「JR大阪三越伊勢丹」を改装した新しい商業施設「LUCUA 1100(ルクアイーレ)」(西館)が2日午前にオープンした。朝早くから行列ができるなどにぎわいをみせ、利用客らは「買い物の選択肢が増えるのはええこと」という意見の一方、「まずは、どれだけ関西になじめたかが見どころやね」と話す人もおり、様々な期待が寄せられた中でのオープンとなった。

【拡大写真入りの記事】「ルクアイーレ」オープン時のようす。ディズニーショップなど人気店はすぐに行列も

ディズニーショップ、オープン直後から行列

[写真]ルクアイーレ開店直後から行列をなしたディズニーショップ=2日午前10時半ごろ、大阪市北区で

 入り口付近では、オープン前から多くの人が列を作り同店の新たなスタートを待つ。大阪府吹田市から来たという女性(45)は「前の店は正直なじみがなかったけど、今回は報道を見る限りいろいろ努力してるみたいなので並んで入ろうと思いました」と話していた。

 午前9時すぎにテープカットなどのセレモニーの後オープン。行列から解放された客がゆっくりと店内へと入っていった。

 ディズニーショップは開店後間もなく、入場制限がかかるなど行列がすぐにできた。春休みを利用して来たという箕面市の女性(19)は「ディズニーショップ目当てに来たけどスゴイ人でビックリ。けど、わりと近くに本格的な店が出来たんで通います」とうれしそうに語っていた。

「エッグベネディクト」人気店も西日本初オープン

[写真]ルクアイーレが開店。朝から多くの客でにぎわう=2日午前10時半ごろ、大阪市北区で

 「ルクアイーレ」は隣接する「ルクア」とは8つのフロアでつながっており、関係者は「ルクアと一緒になるとお客様もかなり増える」と語る。

 同駅の時の広場の入り口でも多くの客が行列をつくり来店。ファッションブースを目当てに来た大阪市天王寺区の女性(28)は「ちょうど季節の変わり目で、ほしいものがいっぱいあった。あとは何回か来てなじめるかどうかですね」と話していた。

 グルメでも「エッグベネディクト」が人気の「サラべス」がオープンするなど、ランチ時にもにぎわいをみせそうだ。