動画をもっと見る

 なにわの春の風物詩スタート──。大阪市北区の造幣局で9日午前、毎年恒例の「桜の通り抜け」が始まった。冬に戻ったような寒い朝にもかかわらず、早朝から多くの人が訪れ、約350本の花を楽しんでいる。期間は15日まで。

【動画入りの記事】朝から行列も。色とりどりの花がいっぱい「桜の通り抜け」

132品種350本のサクラを通り抜け

[写真]なにわの風物詩「桜の通り抜け」がにぎやかに始まった=9日午前10時10分ごろ、大阪市北区で

 同局の「桜の通り抜け」は、なにわの風物詩として全国的にも知られており、同局南門から北門までの約560メートルにわたり咲いている132品種350本のサクラを文字通り「通り抜け」ながら楽しむというもの。

 「全体的にはだいたい3部咲きくらいですね」と語るのは関係者。寒さもあり、おそらく見ごろは週末ごろになりそうとも話す。また、毎年決められている「今年の桜」には「一葉」という品種が選ばれているという。

見物客「にぎやかな花見楽しい」

[写真]寒い朝となったが色とりどりのサクラを見ていたらホッとしたという人も。見ごろは週末あたりになりそうだ=9日午前10時半ごろ、大阪市北区で

 奈良県橿原市から来た40代の女性は「晴れてよかった。にぎやかでいいですね、朝寒かったけどサクラを見たらぬくくなった。楽しい花見です」とうれしそうに話していた。

 開催時間は平日が午前10時~午後9時。土・日は午前9時から始まる。詳しい問い合わせは(電050・5548・8686)まで。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします