12日の近畿地方は、前線や台風6号の影響で雨の一日となった。台風6号は同日午後6時ごろに四国沖で温帯低気圧に変わったが、風の強いところも多く同日夜遅くまで急な強い雨や落雷、そして13日夜のはじめ頃まで強風や高波に注意が必要だという。

[写真]強めの雨が降り傘を手に家路を急ぐ人が多く見られた=12日午後9時ごろ、大阪市中央区で

 大阪管区気象台によると、大気の状態が非常に不安定となるため、雷を伴って非常に激しい雨の降るところ
があるという。同日午後9時ごろ、大阪市中央区難波付近では、雨の中、傘をさして家路を急ぐ人の姿が多く見られた。

 あるビルの屋上に表示された気温計は17度を表示。半そで姿の人は、両腕をさすりながら歩いているなど、少し肌寒い夜となった。同気象台によると、13日の近畿地方は高気圧に覆われて概ね晴れる見込みだという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします