[写真]ホタルがほのかな光を放ちながら飛んでいた。上部の白いものはレンズにかかった雨の水滴=2日午後9時ごろ、大阪府岸和田市で(2分20秒露光)

 雨の中でもホ~タル来いっ──。2日の近畿地方は、日中は晴れたものの蒸し暑い一日に。大阪府内では夜から雨も降り始めるなど、スッキリしない天気となった。そんな中、岸和田市相川町の「相川ほたる遊歩道」でホタルの乱舞が見られ、多くの見物人が訪れ、にぎわいを見せている。

【拡大写真入りの記事】ほのかな光を放ちながら飛び交うホタル・見物人らは大喜び

見物人ら「ホタルめっちゃおるやん」

[写真]多くのホタルが光を放ちながら飛び交う。見物しやすいよう整備された遊歩道と見物人の影も映っている=2日午後9時ごろ、大阪府岸和田市で(1分半露光)

 この遊歩道は、同市を流れる津田川の上流部に位置し、毎年ホタルが飛び交う様子が見られる名物スポットとして知られている。

 2日夜も、多くのホタルが、ほのかな輝きを放ちながら木の上や川すれすれのところを飛ぶ姿が見られ、見物に来た複数の人たちから「ホタルめっちゃおるやん」という声が多く聞かれた。
 
 岸和田市内から来たという20代の男性は「家から20キロくらいの距離で、こんなのどかな所があるなんてビックリしている。『ここが岸和田か』と市民のくせに思うくらい、きれいなところですね。今がいちばんいいかもしれませんね」と一緒に来た女性と楽しそうに話していた。

緑に囲まれた遊歩道での楽しいひととき

[写真]木にとまるホタルがそろって光を放つため「クリスマスツリーみたい」という声も聞かれた

 旅館の浴衣姿で来ていた60代の男性は「私らが子どものころは夜店で見た気がする。けど、こんなに飛んでるところが見られるなんてとてもうれしい。来てよかった」と、うれしそうに話していた。

 同日午後9時ごろからは、雨が激しくなったものの、傘をさしながらホタル乱舞鑑賞を楽しむ人が多くみられ、ホタルの歌を歌う子どもの姿も見られるなど、緑に囲まれた遊歩道での楽しいひとときをすごしていた。

 同遊歩道は南海ウイングバス南部「相川口」バス停付近。