[写真]南海電車の緑のツートンが復活。13日から運行される

 南海電鉄は12日、同電鉄130周年を記念して、かつて実在した「緑色の車両」の復活を発表。同日午後に大阪市住之江区の車庫で報道公開を行った。この車両は13日から来年3月まで見ることができる。

なつかしのエンブレムも本物を装着

[写真]10000系車両(左)と7000系車両。懐かしい緑色だ。エンブレム(左下)も残されていた本物を使用=12日午後2時ごろ、大阪市住之江区で

 この緑色の車両は、同電鉄130周年の記念に特急サザンなどの1000系。そして7000系で復活させたもの。南海と言えば「緑のツートン」というくらい、昭和の時代は利用者をはじめ多くの人に親しまれた。

 「1995年(平成5年)くらいから順次この車両が無くなっていきましたね」と広報担当者。今では見ることがなくなったが、記念の年に限定復活を遂げた。特急サザンでおなじみの10000系では来年3月まで。7000系は今年9月までこの姿の車両が見られる。

 車両についているエンブレムも懐かしいものを使用。これは、残されていた本物を装着しているという。また、報道陣からは「南海ホークスの色もこんなんでしたね」という懐かしい質問も投げかけられていた。