動画をもっと見る

 16日の近畿地方は、雨が降ったりやんだりのスッキリしない天気に見舞われた。大阪管区気象台によると、大阪市内の最高気温は26.4度だったが、湿度が60代後半から80%前半をキープするなど、ジメジメした梅雨らしい1日となった。大阪府羽曳野市埴生野にある「道の駅しらとりの郷」では、色とりどりのアジサイが咲き誇り多くの人の目を楽しませている。

一面に広がる色鮮やかな花壇

[写真]曇天模様のもと色鮮やかなアジサイが買い物客らの目を楽しませている=16日午後6時ごろ、大阪府羽曳野市で

 この道の駅には農産物直売所などがあり、平日でも地元の人らが車で買い物に訪れにぎわいを見せている。その直売所前で一面に広がる花壇にアジサイが咲き誇り、買い物客らは足を止め「こんなに咲くんやね」と言いながらシャッターを切る光景が見られる。

沈む夕陽とアジサイ眺める人も

[写真]沈む夕陽とアジサイを楽しめた=16日午後6時50分ごろ、大阪府羽曳野市で

 堺市から来たという30代の女性は「見ごろですね。ここまで咲いてると気持ちいい。野菜を買いに来た帰りなんで、一瞬、カラフルなブロッコリーとかに見えたりしましたわ」などと話しながら、ひとときのアジサイ見物を楽しんでいた。

 午後7時前にはきれいな夕陽が見られ、花と一緒に長めている人の姿もあった。