[写真]曇天模様の大阪市内だが雲のすき間からは青空も。歩道橋の上下では多くの人が後方にある通天閣などとの記念撮影などを楽しむ=27日午後5時40分ごろ、大阪市天王寺区で

 27日の近畿地方は気圧の谷や寒気の影響で雲が広がり、曇り空が広がった。大阪市内では雨は観測されていないが、スッキリしない天気が続くも夕方には雲のすき間から青空も見られた。

 大阪管区気象台によると、同日の大阪市内の最高気温は25.3度で前日をわずかに上回った。前日が日中の湿度がほぼ90%台をキープするなど蒸し暑く、それを引きずり午前0時台は湿度98%を観測するなどしたが、日中は60~70%台を行き来していたため、少しすごしやすくなった。

 大阪市阿倍野・天王寺両区をまたがる阿倍野歩道橋では、そこから見える通天閣や、あべのハルカス、阪堺電気軌道の車両などを撮影する人が多く見られたが、少し涼しい風が吹くと「昨日よりマシやな」といった声も多く聞かれ、厚い曇のすき間からは青空が見られるなどした。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします