動画をもっと見る

 「愛染さん」の愛称で知られ大阪三大夏祭りのひとつのひとつ「愛染まつり」が30日、大阪市天王寺区の愛染堂勝鬘院(あいぜんどう しょうまんいん)で始まった。同日午後には、同区の谷町筋を、宝恵かごに乗った愛染娘らが練り歩き、通行人らからは自然と笑みがこぼれるなど、にぎやかな雰囲気に包まれた。期間は7月2日まで。

【写真特集】谷町筋練り歩く愛染娘「ほぉ・えっ・かぁ~・ごっ」

愛染さんじゃ~、べっぴんさんじゃ~

[写真]谷町筋を練り歩く愛染娘ら。沿道には見物人がいっぱいだ=30日午後、大阪市天王寺区で

 この祭りは、天神祭、住吉祭に並ぶ大阪三大夏祭りの一つとされており、聖徳太子ゆかりの四天王寺支院である「愛染堂勝鬘院」で行われる。愛染明王を祀ることから「愛染さん」と呼ばれているという。

 「愛染さん」といえば、祭りをPRする「愛染娘」。宝恵かごに乗って、あべのキューズモールから勝鬘院までの谷町筋を練り歩いた。

 この時に発せられる「愛染さんじゃ~、ほぉ・えっ・かぁ~・ごっ」「べっぴんさんじゃ~、ほぉ・えっ・かぁ~・ごっ」の掛け声も名物となっており、道行く人たちも足を止め、元気な愛染娘らに手をふるなどしていた。

見物人の男性「夏が来たなあ」

[写真]愛染娘が宝恵かごに乗り谷町筋を練り歩いた=30日午後、大阪市天王寺区で

 「愛染さんが毎年の楽しみ」と語る大阪府貝塚市の70代の男性は「娘さんらの元気な掛け声が毎年楽しみなんで、きょうも一生懸命カメラで撮影した。夏が来たなあ」とうれしそうな表情を浮かべ、一緒に練り歩きを楽しんでいた。