動画をもっと見る

 13日の近畿地方は、朝から晴れ間が広がり気温が上昇。大阪管区気象台によると、大阪市内では午前8時台にはすでに30度を超え、同日正午までに最高気温32.7度を観測するなど暑くなっている。同気象台は「高温が予想され、熱中症の危険が特に高くなる見込み。暑さを避け、水分をこまめに補給するなど、十分な対策をとって」と呼びかけている。

[写真]青空のもと日差しが強く日傘などが手放せない=13日正午ごろ、大阪市東住吉区で

 大阪市東住吉区の駒川商店街付近は、お昼の買い物客でにぎわっているが、行くまでの間は日傘や帽子で暑さをしのぐ女性の姿が多く見られた。同区に住む70代の女性は「えらい暑いから、商店街の中で十分涼んでから家に帰りますわ」などと話していた。

 同気象台によると、あす14日の近畿地方は、高気圧に覆われて概ね晴れるが南からの湿った空気の影響で南部を中心に雲が広がりやすく、雨の降るところがある見込みだという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします