[写真]近畿各地で今年の最高気温を観測した地域が続出した=14日午前、大阪市北区で

 14日の近畿地方は高気圧に覆われ晴れ間が広がり、各地で今年最高気温、猛暑日を観測する地点が続出。近畿で最も高かったのは京都市の36.5度(平年より5.4度高)だった。全国でいちばん高かったのは、群馬県館林市の39.3度となっている。近畿各県の最高気温観測地点と時間は次の通り(気象庁調べ。いずれも14日午後4時現在)。

・滋賀県大津市 34.9度(午後1時21分)
・京都府京都市 36.5度(午後2時56分)
・大阪府枚方市 35.1度(午後1時)
・兵庫県豊岡市 35.4度(午後12時9分)
・奈良県奈良市 34.6度(午後1時33分)
・和歌山県かつらぎ町 34.3度(午後12時26分)