動画をもっと見る

 19日の近畿地方は、南から湿った空気が流れ込んでいるため雲が広がったが、気温は上昇。大阪管区気象台によると、大阪市内では午後5時までに最高気温32.7度を観測。堺・八尾両市では33.3度を観測するなど、暑さが戻ってきた。台風の影響で前日は交通ダイヤにも乱れが生じたが、同日は朝からほぼ平常ダイヤとなるなど落ち着きを取り戻していた。

[写真]青空にうろこ雲。そのすき間にあべのハルカス(右)が突き刺さるように伸びて見えた。左は、あべのNiNi=19日午後5時すぎ、大阪市阿倍野区で

 大阪市内では同日午後5時になると、うろこ雲と青空が広がり、信号待ちがてら「きれい」「台風の後やからかなぁ」などと言いながらそれを写真撮影する人たちも。同市阿倍野区のあべのハルカスを写真を撮ると、うろこ雲のすき間にハルカスが突き刺さっているようにも見えた。

 同気象台によると、あす20日も湿った空気の影響で雲が広がりやすい見込みだが、晴れ間もみられるという。