動画をもっと見る

 今年は35周年でわっしょい──。大阪市北区の「天神橋筋商店街」で23日、恒例の「天神祭女性御神輿(通称・ギャルみこし)」が行なわれた。今年は35周年ということでオーディションを行わず、これまでのメンバーから選ばれた「歴代選抜メンバー」が同商店街周辺を練り歩き、見物人などからは拍手と大歓声があがった。

【写真特集】ギャルみこし35周年 歴代メンバーでわっしょい

重さ200キロのみこしを歴代選抜メンバーがかつぐ

[写真]歴代オールスターがかつぐギャルみこし。見物人からも「同窓会みたい」という声があがった=23日午後12時5分ごろ、大阪市北区で

動画をもっと見る

 天神祭の宵々宮に行われるギャルみこし。毎年、米俵をかつぐなど厳しいオーディションを勝ちぬいた15~30歳の女性80人が選ばれているが、今年は35周年という節目の年ということから「ギャルみこし記念巡行」という形で一般募集を行わず、歴代メンバーから選ぶ形で行われた。

 歴代メンバーということで、久々にねじりはちまきに法被姿となる人が多く、重さ約200キロもあるみこしをかつぎ「わっしょい わっしょい」の声をあげながら同商店街を練り歩いている。

見物人「きょうは同窓会みたいやね」

[写真]ギャルみこしの「わっしょいわっしょい」の掛け声が響きわたる。商店街はさらに活気を増すようだ=23日午後12時5分ごろ、大阪市北区で

 この様子を見ていた同商店街の飲食店経営の男性は「毎年この『わっしょい』は楽しみやが、今年はまたこうして歴代メンバーが帰ってきてくれた。だから見ていて安心感が例年以上にあるというか。同窓会みたいなもんやね」と話し、目を細めながらみこしを見守っていた。

[写真]みこしを持ち上げるギャル。まだまだ健在だ=23日午後12時15分ごろ、大阪市北区で

 写真を撮りに来たという大阪市阿倍野区の60代の男性は「何年も撮りに来てるけど、前に写した子もおった。なんか今年もいつもと違う楽しさがある」と言いながらシャッターを切り、みこしを追いかけていった。

 ギャルみこしは午後5時まで巡航予定。公式サイトで巡航マップが公開されている

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします