動画をもっと見る

 大阪市平野区で31日、子供だんじり曳行が行われ、多くの子供らが「ほんまもん」のだんじりさながら、ミニだんじりでお囃子と掛け声を響かせながら街中を曳行した。関係者によると、これは毎年恒例の行事で、今月中旬に同区内を曳航した大人たちが世話をしながらゆっくりと走る。

<街ぶら>幹線道路埋め尽くした大阪・平野だんじり合同曳行

[写真]子供だんじり曳行で盛り上がる=31日午後8時40分ごろ、大阪市平野区で

 大人のだんじりでは乗る事ができない屋根の上にも乗って、夏の楽しいひと時をすごしていた。8月1日には、同区の赤留比売神社(通称:三十歩(サンジュウブ)神社)へ宮入を行うという。
 
 同神社では、平野郷夏まつりで走った9町のだんじりの世話人・若衆らが様々な屋台を出店するなど、盛り上がりをみせていた。