[写真]様々な形の花火が打ちあがった=1日午後8時半ごろ、大阪府羽曳野市で撮影

動画をもっと見る

 大阪の夏の風物詩として知られる「PL花火芸術」が1日、大阪府富田林市のPL教団で行われ、色鮮やかな花火の大輪が大阪各地からみられた。同教団によると、今年の打ち上げ数は約1万3000発。毎年様々な形の花火が見ものだが、今年も菊の形に開くものや、ひっきりなしに打ちあがる花火など、歓声とどよめきがあがった。

ラストは真っ赤に PL花火芸術

[写真]大きな花火が打ちあがるたびに歓声があがった=1日午後8時半ごろ、大阪府羽曳野市で撮影

 打ち上げ場所から近い、大阪府羽曳野市のスーパー周辺では、多くの見物人が夜空に開く大輪を見つめていた。同市の住宅地から見ていた女性(44)は「毎年のことではありますが、やはりこれを見ないと夏は来ないんですよ。うちは天神祭とか行くのも遠いしね。こういうものを見させてくれるのは感謝ですわ」とうれしそうに話していた。