8日の近畿地方は高気圧に覆われ晴れ間が見られたが、上空の寒気や強い日射の影響で、大気の状態が不安定となり、大阪市内では午後4時ごろ、激しい雷雨に見舞われた。

[写真]突然の激しい雨で雨宿りする人たち=8日午後4時20分ごろ、大阪市北区で

 突然の雨に同市北区周辺は雨やどりをする人らでいっぱいに。同日夜には「なにわ淀川花火大会」が行われるため浴衣姿の人も多く、すぐに店の軒下などに避難する姿が見られた。突然の激しい雨のため、商店街はアーケードを開いていたところもあり、閉める作業が間に合わずびちゃびちゃにぬれているところもあった。

 雨宿りをしていた大阪市内の20代の浴衣姿の女性は「まじヤバイ。晴れてたのにいきなり降るからビックリした。花火大丈夫かなあ。雷もヤバイ」などと話していた。雨はしばらく降り続いたが、30分後には再び晴れ間がみえてきた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします