動画をもっと見る

 岸和田だんじり祭10月祭礼は11日、本宮を迎え各地でだんじりが駆け抜けた。同日夕方の日暮れ間近になると各町とも「今年ラストのやりまわし」を決めるため、渾身の走りを見せていた。

【写真特集】泉州のだんじり10月祭礼

「最後決めるぞー」と渾身のやりまわし

[写真]日暮れ間近、だんじりがラストのやりまわしをみせた=11日午後5時半ごろ、岸和田市大町で

 岸和田市大町にあるJR久米田駅周辺でも、だんじりが最後まで全力疾走で走り続ける。日暮れ間近の午後5時半近くになると、曳き手から「最後決めるぞー」といった威勢の良い声が響き渡る。今年渾身の、そして来年につながる「やりまわし」を決め、見物人からも大きな拍手と歓声が沸き起こっていた。

 終了後には、年番町関係者らに花束が贈呈され、胴上げする姿も見られるなどし、周囲からは「あぁ、もう今年も終わりやなぁ」といった声が多く聞かれた。

 夜間は、だんじりに提灯をいっぱい設置してゆっくりと進む「灯入れ曳行」が行われている。