動画をもっと見る

 大阪府吹田市の万博記念公園にある太陽の塔が16日、緑色にライトアップされた。臓器移植法が施行され同日で18年となり、その理解を深めてもらおうと行われたものだという。ライトアップは午後11時半まで。

【写真特集】太陽の塔 臓器移植理解への思い込め緑のライトアップ

[写真]緑色に輝く太陽の塔=16日午後10時ごろ、大阪府吹田市で

 日本臓器移植ネットワークなどによると、移植を希望する人は年間約1万人以上いるが、臓器提供は約50ほどにとどまっているという。

 同日夜に緑色にライトアップされた太陽の塔。フェイスブックやツイッターなどのSNSでも「太陽の塔が緑色」といった書き込みもみられる。

 大阪モノレール万博記念公園駅近くで撮影していた同市内の男性(35)は「さっきテレビのニュースでやっていたので撮っていた。それを見なかったら現状を知らなかったと思う」などと話していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします