動画をもっと見る

 エヴァ新幹線出発進行──。JR西日本は7日、山陽新幹線の全線開業から40周年を記念して「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」をスタートさせ、同新幹線「500 TYPE EVA」が同日午前、新大阪駅を出発。セレモニーには多くのファンがつめかけるなど、にぎわいをみせた。

【動画】出発式の様子。綾波レイらに扮した女性らに見守られ出発進行

「ゆるしと」らに見守られ出発進行

[写真]500 TYPE EVAが登場キャラにふんした女性らに見守られ運行開始=7日午前11時半ごろ、JR新大阪駅で

 同社によると、同新幹線40周年と「エヴァンゲリオン」のテレビ放送が開始から20周年だったことから、それを記念して同プロジェクトを始動させたという。

 大阪市淀川区のJR新大阪駅では、出発セレモニーが行われ、同アニメに登場する綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーらのキャラにふんした女性らも登場。ホームのファンからは「写真撮らせて~」といった歓声があがったほか、ゆるきゃら「ゆるしと」も登場し、終始盛り上がりをみせた。

[写真]500 TYPE EVAを見送る「ゆるしと」ら=7日午前11時半ごろ、JR新大阪駅で

 同駅には、エヴァ新幹線をひと目みようと、朝から多くのファンらが駆けつけた。同駅内をエヴァの上着や靴をはいて歩いていた大阪市内の30代の男性は「これをひと目見たくてきましたよ。本当は乗りたいけど。走っている期間は必ず乗りますから」と意気込みをみせていた。

 同車両の運行期間は2017年3月までで、展示・体験ルームなども備えられており、ファンにはたまらない新幹線が話題となりそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします