動画をもっと見る

 大阪府知事・市長のダブル選は22日、投開票され、知事選は地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)の公認で現職の松井一郎氏(51)が再選、市長選は同会公認の新人で前衆院議員の吉村洋文氏(40)が初当選を果たした。これを受け、2氏は午後8時半から大阪市内で記者会見した。

【フル中継録画】大阪ダブル選 当選の維新・松井氏、吉村氏が会見(下へスクロール)

動画をもっと見る

 選挙戦はとも地域政党「大阪維新の会」の公認候補と自民党の推薦候補が争う構図。5月の住民投票で否決された「大阪都構想」再挑戦への是非や、維新による府政と市政への評価などを争点に繰り広げられた。

[写真]会見を終え笑顔の松井氏(左)と吉村氏=22日午後10時ごろ、大阪市内のホテルで

 府知事選には、自民党推薦・新人で無所属の栗原貴子氏(53)、大阪維新の会公認で現職の松井一郎氏(51)、新人で無所属の美馬幸則さん(65)の3人=届け出順=が立候補していた。

 市長選はいずれも新人で、大阪維新の会公認の吉村洋文氏(40)、無所属の中川暢三氏(59)、無所属の高尾英尚氏(33)、自民党推薦で無所属の柳本顕氏(41)の4人=届け出順=が立候補していた。

 投票率は同日午後7時現在で府知事選が32.38%、市長選が34.52%となっており、いずれも前回のダブル選を下回っている。

※THE PAGE大阪では、この会見を生中継します。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします