動画をもっと見る

 大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は20日、電飾数などでギネス世界記録の電飾数を持つ「世界一の光のツリー」をクリスマス本番期に合わせ、電飾数をさらに増やし記録を更新したと発表した。同時にUSJのクリスマスソングを歌い、世界中にファンを持つ英国の少年合唱団「LIBERA」が来園し、一夜限りのコンサートを行うなど、歌声で記録更新に花を添えた。

【拡大写真入りの記事】USJはクリスマス一色 5年連続ギネス記録更新のツリー点灯

[写真]電飾数をさらに増やしてギネス世界記録を更新したUSJのツリー=20日午後7時ごろ、USJで

 USJによると、ツリーの電飾数はこれまでより16万球増やした53万4280球になったという。これにより輝きを増したため、見物している人からは「まぶしいね」「昼間みたいに明るい」といった声も聞かれ、カメラのシャッター音があちこちで響いていた。

 また、この記録更新に花を添えるかのように、クリスマスイベントの曲「天使のくれた奇跡」などを歌う世界的な少年合唱団、LIBERAが登場。同曲のオリジナルアレンジ版など5曲を披露し、透き通るような歌声で来園者を魅了した。

[写真]英国の少年合唱団LIBERA(中央下)と天使が一夜限りのコラボを行った=20日午後7時ごろ、USJで

 歌声を聴いた神戸市内から来た女性(31)は「きょうは家族4人で来たけど、USJとかコマーシャルでよく聴く歌を生で見て聴けたのはうれしい。きょうは良い思い出になりました」と笑顔で話していた。

 また、大阪市内から来た女性(43)は「子供がCMを見て来たいと言ったから連れて来たけど、そのCMの歌の合唱団が見られたのはラッキーでした。けどツリーまぶしいですね」とうれしそうに話していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします