動画をもっと見る

 22日「冬至」の近畿地方は、各地で高気圧に覆われ晴れ間が見られ、気温の方は大阪管区気象台によると、大阪市内の最高気温は15.2度と比較的暖かさを感じた。だが、夜になると気温はグッと下がると、冬至らしい寒さに見舞われた。大阪府東大阪市と奈良県平群町の境界にある「鐘の鳴る展望台」からは、透き通るような夜空のもと、大阪府や奈良県の夜景を楽しむことができた。

【写真特集】冬至のなにわ 生駒山鐘の鳴る展望台から

[写真]冬至の夜、気温4度台の生駒山から大阪の夜景を望む。左上端に「あべのハルカス」、右上端に梅田などの高層ビル群、手前の黒い部分は東大阪市池島町付近=22日午後8時半ごろ、信貴生駒スカイライン・鐘の鳴る展望台で

 同展望台からは、日本一の超高層ビル「あべのハルカス」はすぐにわかるほか、大阪市北区の高層ビル群や通天閣、天保山の大観覧車などはすぐに確認することができる。

 同気象台によると、同日午後8時ごろの生駒山の気温は4.7度。標高460メートル(展望台は472メートル)の同所という寒い場所だったが、カップル同士が写真撮影をしたり、備え付けられた鐘を鳴らすなど温かい光景が多くみられた。

[写真]鐘の鳴る展望台から撮った「あべのハルカス」(左)「通天閣」(右手前)「天保山大観覧車」(右上)。観覧車の後ろの黒い部分は海と神戸方面の夜景=22日午後8時ごろ、信貴生駒スカイライン・鐘の鳴る展望台で

 同気象台によると、あす23日の近畿地方は、低気圧や湿った空気の影響で雲が広がり、昼すぎからは雨が降る見込みだという。また、南部を中心に雷を伴うところがあるという予報だという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします