動画をもっと見る

 大阪ミナミの繁華街に位置する「大丸心斎橋店本館」(大阪市中央区)が30日夜に閉館する。米国の建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが手がけたものとして知られ、1933年から建つという、慣れ親しんだ本館の姿を写真におさめようと、ここ数日多くの人が御堂筋から写真撮影する光景がみられる。

【写真特集と別の動画】心斎橋大丸本館が建て替えへ

[写真]心斎橋大丸本館。青空のもと営業する姿を見られるのも最後だ=30日午前、大阪市中央区で

 30日朝も、青空のもと、多くの人が御堂筋などから撮影する姿が多く見られる。奈良県生駒市から来たという男性(70)は「私でさえ小さい時から知っている建物。これが見られなくなると思うと淋しくなって、つい来てしまった」とカメラを構える。

 心斎橋筋側の中央玄関上部にあるテラコッタ(陶製)の孔雀も、大勢の人が撮影したり眺めたりしている。近くのアメリカ村の店で働いているという男性(20)は「小さい時に祖母と来た思い出があって、今はこれを毎日みていた。あって当たり前のものが見られなくなると思ったら寂しいですね。外観とかは残ると聞いてるけど」と話していた。

[写真]記念撮影をする人の姿が多く見られた。長い歴史を持つため、それぞれに思い出があるようだ=30日午後、大阪市中央区で

 同本館は、大阪大空襲などの戦災も乗り越えてきたが、完成から80年以上が経過し老朽化が進んでおり、今回建て替えのため、外壁と内装の一部をのぞいて姿を消すことになり、30日夜に一旦閉館。大丸心斎橋店は、隣接する北館で引き続き営業する。