動画をもっと見る

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災でビルが全壊し、仮設としてオープンしていた神戸市中央区の阪急神戸三宮駅の駅ビル「神戸阪急ビル東館」が11日に閉館する。

【写真特集】阪神淡路大震災『1.17の記録』・神戸市オープンデータから

[写真]閉館する神戸阪急ビル東館=11日午後、神戸市中央区で

 同ビルは、地上3階・地下1階建てのビルで、高架の線路を覆うようなビルだったが震災で壊滅的な被害を受け、解体された。

 95年12月に仮設として現在のビルが建ち、書店やスーパー喫茶店などが入るビルとして、利用者らに親しまれていた。

[写真]震災直後の阪急三宮駅周辺(神戸市提供、1995年1月25日撮影)

 11日は成人式も行われ、周囲は晴れ着姿の女性らでにぎわいを見せ、多くの若者が同ビルの喫茶店などを利用していた。

 同ビル営業終了の張り紙を見ていた神戸市内の40代の男性は「震災の時のことは覚えてますし、これの元々のビルも覚えています。今はもう定着していたんで。今度どうなるかは知らないけど、最後に撮影しときます」とカメラを向けていた。