25日は非常に強い寒気の影響で西日本を中心に厳しい冷え込みに見舞われた。近畿各地でもこの冬一番の寒さに見舞われ、大阪管区気象台によると、大阪市内では最低気温が氷点下3.5度を観測。水掛不動尊 法善寺では「水掛不動さん」の愛称で知られる本尊に長いつららができるなどしていた。

【拡大写真】水掛不動さんや供えられた花に長いつらら

高野山では氷点下10.2度も

[写真]日が昇ってもつららが消えない水掛け不動さん。周囲の石畳の道を歩く人も、寒さに肩をすぼめて歩いていた=25日午前10時ごろ、大阪市中央区で

 同気象台によると、生駒山では氷点下8.7度を観測。近畿では和歌山県の高野山で氷点下10.2度を観測するなど、各地でこの冬いちばんの寒さに見舞われた。同日正午現在で、大阪市内の最高気温は4.7度となっている。

 道頓堀などに近い大阪の法善寺では、阿弥陀如来 西向不動明王(水掛不動さん)に長いつららが。午前中は日が当たらず、水をかけられているため、同日午前10時をすぎてもつららはしっかりと残っていた。

[写真]青空のもと寒さから顔を半分マフラーで覆う出勤途中の会社員の姿も=25日午前9時ごろ、大阪市内で

 お参りに来た40代の男性は、つららを見た瞬間、珍しさから思わず写真撮影。その後は、しっかりと水をかけ「よろしくお願いします」と手を合わせていた。

 また、散歩がてらに夫婦で来たという地元の70代の男性は「まあたしかに水掛け不動さんやから寒かったらつららもできるやろけど、大阪なんばで、こんな長いつららを拝めるのは思わなんだ」と笑顔で話していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします