動画をもっと見る

 30日の近畿地方は、前日に続き、各地で朝からどんよりした雲に覆われている。大阪管区気象台によると、同日午前10時には大阪市内では気温が7.8度を観測。数日前の氷点下に比べれば、ずいぶん暖かく感じる朝を迎えた。そんな天気のもと、大阪市東住吉区の長居植物園では早咲きのチューリップがみごろを迎え、色鮮やかな花が来園者の目を楽しませている。

【拡大写真と地図】雨上がりの大阪・長居で早咲きチューリップ

[写真]見ごろをむかえた長居植物園の早咲きチューリップ。31日にはネットがはずされる(この写真は許可を得て網を一部めくってます)=30日午前10時ごろ、長居植物園で

 同園によると、チューリップは通常、秋に植えて冬に咲くが、いま咲いているのはミラクルチューリップという冬咲きのものだという。本数は約1500を数え、ハート型に植えられたものが鮮やかな色で咲いているのが特徴的だ。

 同日午前、開園したばかりの同園を散歩していたのは近くに住む、ななみちゃん(5)とゆづちゃん(3)の姉妹。朝の散歩に来ていた時にチューリップを見つけ「きれい」とうれしそうに反応する。

 手に持っていた、ドラえもんの「タイムふろしき」のハンカチを持っていたため、まだ、つぼみの花を見つけると「かけたら咲くかな?」と興味深そうに話し、色とりどりの花々を眺めていた。

[写真]今年の干支であるサルをイメージした花の絵も子どもに人気。バレンタインの文字も

 現在はカラスよけのネットを張った状態だが、「大阪国際女子マラソン応援デー」として同園への入場が無料となる31日にはネットもはずされる。