動画をもっと見る

 「交通安全祈願」などで知られる大阪府寝屋川市の成田山大阪別院明王院で3日、恒例の節分祭が行われ、NHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインの白岡あさを演じる女優の波瑠(24)と白岡新次郎役の玉木宏(36)らが元気いっぱいに豆をまき、約2万3千人の参拝者からは大歓声があがった。

【写真特集】波瑠と玉木宏が「福は内」。参拝者の袋の花にびっくりぽん?おけいはんやおさむちゃんらも

[写真]元気に豆まきを行う「あさが来た」主演の波瑠と玉木宏=3日午前11時すぎ、大阪府寝屋川市で

 毎年恒例の行事とあって、同院には開場1時間以上前から多くの参拝者が詰め掛けた。あさが来たの2人のほか、漫才師の宮川大助・花子、ぼんち おさむ、京阪電鉄のCM「おけいはん」でおなじみの林真帆らが登場。「不動明王が祭られた境内には鬼がいない」とされるため、ここでは「鬼は外」の掛け声はなく「福は内」という声が響き渡った。

 境内入り口付近では、入りきれない人が見守るなど、あまりにも参拝者が多いため、途中、何度か豆まきをとめるなどしたが、袋を広げた人たちが豆を取ると「やったー」と喜ぶ姿も多くみられた。

[写真]終盤になると波瑠も豆まきになれた様子。人の多さにびっくりぽん?

 同院関係者は「昨年以上の参拝者数でビックリ。報道関係者にわたす腕章も足りなかったのですごい反響ですわ」と苦笑。豆まき終了後、玉木宏は「ふだんスタジオの中ですごして天気もわからないほどなので、こうして多くの方々に来て頂ける場はうれしい」などと話していた。

 同日午後1時からは、同市出身の大関、豪栄道豪太郎や桂米團治、同3時からは西川のりおらが豆まきを行う予定となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします