15日の近畿地方は前日の暖かさが一転、日中に寒さが増し、大阪市内では午後1時ごろに同日の最低気温6.3度を観測(同日午後3時現在・大阪管区気象台調べ)。最高気温は同日午前1時すぎに観測した10.8度にとどまっており、前日の最高気温(20.3)から一気に冷えこんだ形だ。
 

【写真付き】土日は暖かかった近畿地方 大阪ミナミでは春・冬服姿の人々が交差していた

通行中の女性「こんな寒くなったら体調ついていきません」

[写真]前日の暖かさが一転、コートなど厚着姿が目立つ大阪駅前=15日午後2時すぎ、大阪市北区で

 大阪市北区のJR大阪駅周辺では、コートやマフラーに身を包んだ人の姿が多く見られる。体を震わせながら信号待ちしていた同市大正区に住む60代の女性は「まさかの寒さですね。昨日、コートを来ていた友達に『あんたもう春やで』と言ってたのに、こんな寒くなったら体調がついていきません」などと話していた。

 同気象台によると、あす16日の近畿地方は、気圧の谷や寒気の影響で雲が広がり北部を中心に雪や雨が降り、雷を伴うところもあるという。また、中部や南部では、概ね晴れる見込みと予報している。