大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は7日午前、18日から稼動する新アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」の概要を発表した。このコースターの最大の特徴は世界で唯一「地下を潜る」形のもので、最大高低差も世界最大の37.8メートル(ファーストドロップにおける落下速度)だという。関係者は「安全も確保されており、楽しんでいただけます。ただスピードはまだ秘密です」と話している。

【写真特集と動画】みんなでハッピーUSJ年間入場者数が過去最高に

コースは1124メートル、定員は32人

[写真]新アトラクションを説明する近藤正之さん。コースターは近藤さんの指先左横あたりのレールから地下へ潜り、顔の横のあたりのレールに飛び出すという=7日午前、USJのジュラシックパーク入り口付近で

 USJによると、このアトラクションはジュラシック・パークの世界観を、空の支配者である「プテラノドン」の本能のまま猛スピードでスリルを味わうのが売りだという。

 このアトラクションのプロジェクトリーダーを務める近藤正之さんは「今回は世界で唯一『地下』を潜ります。高速でダイナソー・ケープ(恐竜の洞窟)を通るのですが、突っ込むような形はまさに『やり過ぎ』なエンターテイメントですね」と笑顔で語った。

 このコースターの最初の絶叫ポイントで、最大の高さ50メートルに達した時はUSJを一望。その後、頭からまっさかさまに突っ込むという感覚は、ほかにはないものだという。また、世界最大の回転数5回を誇り「天地がわからなくなります」とのこと。

 ただ、高速ということだが近藤さんは「それは公開される時のお楽しみとさせてください」と笑顔で話していた。

 コースターのコースは1124メートル。1トレインの定員は32人で横1列4人がけの8列タイプとなっている。

 今回の概要を聞いた利用客の20代の女性は「地下潜るってヤバくない。これは絶対乗りに来ますよ。あのコマーシャルはオーバーじゃないかも」と笑顔で話していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします